【抵抗のある人必見】25歳男が3つのマッチングアプリを使ってみてわかったこと

  • 6月 28, 2020
  • 6月 28, 2020
  • 恋愛

マッチングアプリに抵抗感のある人、多いですよね。
最近テレビなどで取り上げられていたりしますが、アンケート調査などを見てもまだ「怖い」「あやしい」イメージが多い人がほとんどだと思います。

僕はマッチングアプリを数ヶ月前から使い始め、3つほどのマッチングアプリを利用しました。
そこで感じたマッチングアプリの安全性やいいところを記載したうえで、おすすめのアプリを紹介できたらと思っています。

マッチングアプリの安全性について

よく聞くマッチングアプリの不安な要素として、以下があげられるかと思います。

  • 身バレがしないか不安(使っていることが友人にバレる)
  • 怪しい事業などに勧誘などされるのではないか
  • 素性のわからない人と出会うのが怖い


まず「身バレしないか不安」について

結論としては、する可能性を0にすることはできません。
一番の対応策としては、Facebook連携して、友人を表示しない設定にすることです。
ただ、最近は特にFacebookを積極的に使っていない人も多く、友人申請をわざわざしていないケースも多いと思います。
あとは、顔をぼやかした写真を登録し、マッチした後に変えようとする人もいますが、そのやり方ではまずマッチングができません。

次に、「怪しい事業などに勧誘などされるのではないか」

はっきり言ってこれも完全に防ぐことは難しいです。
もちろん、特に大手のマッチングアプリは免許証を使用した年齢確認や、ユーザーの通報機能があるため、そういった人たちが少なくなるような仕組みがありますが、可能性を0にできません。ただ、私は10名弱出会ってそのような人に出会ったことがありませんし、プロフィール写真やマッチしたあとのグイグイ感から明らかに怪しい人がいるので、そういう人を察知できれば、リスク自体はそこまでないと思っています。

最後に「素性のわからない人と出会うのが怖い」

これの答えは、これまでの2つのお題の答えとも通ずるのですが、
考えを変えるしかないと思います。

恋愛というのは誰しもがするもので、普遍的なものです。なので、恋愛を求める行為自体を恥ずかしいと思う必要がまずないです。

そして、世の中は常にトレードオフです。何かを得ようとすれば何かを失う必要があります。

何か商品を買うには対価が必要です。美しいボディを手に入れるにはきつい食事制限とトレーニングをせねばなりません。傷つくことを恐れては、好きな人を射止めることはできません。

なので、「身バレを絶対にせずに、怪しい人に会うリスクを0に、恋愛をする」ことは、難しいとわりきり、リスクをとる必要があります。(もちろん、そのリスクが最小限になるように、マッチングアプリは工夫された機能がたくさんあります)

結論、すべての不安を払拭してくるということはありませんが、それに近い機能がマッチングアプリにはあります。

マッチングアプリのコスパについて

マッチングアプリを無料でやろうと思っている人は、考え方を変えた方がいいです。
相場として、マッチングアプリは月額課金の料金携帯で、4,000円前後/月が相場感になっています。

これは高いと感じる方もいますが、他の例と比較してみましょう。
例えば、合コンであれば、一回当たり5,000円~10,000円前後の単価で、3-4名の女性と出会います。
ただ、その容姿や性格は事前に把握することが難しく、さらにその先には競争があります。

一方でマッチングアプリは月額費用さえ支払えば、数多くの女性から好みの条件を選び、相手を探すことができます。

もちろん、マッチングアプリも同様に、相手に選ばれる必要がありますが、何より1対1のやり取りなので、自分の工夫次第では、より多くの好みの女性と出会うことができると思っています。

もちろん、それぞれに楽しさや良さがあるので、一概には言えませんが、個人的にはコスパがいいかなと思います。

3つのマッチングアプリを比較

今回私が使ったマッチングアプリは「タップル誕生」「ペアーズ」「with」の3つです。それぞれの使用感を述べていきたいと思います。

タップル誕生

マッチング数 No.1とのことタップル誕生の特徴は以下になります。

  • スワイプ方式なので「いいねする」が基本のため、マッチング数は多い
  • 20代の前半が多い、カジュアル
  • 24時間以内のデートの約束ができる「おでかけ」機能がある

まず最初に「スワイプ方式」について。
この後お話する「ペアーズ」や「with」は女性の一覧から気になる相手を探し、「いいねするかどうか」を決めます。この時、手持ちの「いいね数」が限られるため、本当にいいと思った人にいいねすることになります。

一方でタップルは、趣味などのカテゴリを選択すると、女性が1人表示され、「いいね」か「イマイチ」を選択します。そして、この女性の表示自体に「カード」が消費されます。このカードが有限になっており、いいねしようがしまいが、カードの消費数は変わりません。

よって、どうせ消費するなら、いいねしようというマインドになるため、マッチしやすくなっているのだと思います。

そして、年齢層はかなり若めで、20代前半が多いです。個人的な印象ですが、コミュニケーションもラフな感じが多く、これは合う合わないがあります。自分にはちょっとラフすぎて、会話が続きにくかったです。

最後に、おでかけ機能ですが、これはかなり画期的です。
機能としては、女性側が24時間以内にしたい好きなプラン、例えば、「映画デートしたい、焼肉行きたい」などを選択します。
男性は一覧表示されている上記の内容のリストが表示されており、女性×デート内容を見て、お誘いをする感じです。
ほとんどその日に会える即時性は、他のサービスにないいいところだなと思います。

なので、タップル誕生の評価としては、若い年齢層であれば、即時性や高いマッチング率がある良いサービスだと思いまうす。

ペアーズ

国内最大のマッチングアプリ「ペアーズ」の特徴は以下になります。

  • 会員数がもっとも多い
  • 婚活目的の人が多い

ペアーズはとにかく会員数が多く、婚活利用の方が多くみられました。また、コミュニティ(趣味や好きなもの)の数が多く、細かく設定されており、それでいて会員数が多いため、趣味のある人は探しやすいと思います。

自分は婚活目的というより、気の合う人がいたら恋愛して、もしかしたらその先に結婚があるかもしれない、くらいのテンションであったため、少し合わずでした。

with

最後にwithです。特徴は以下になります。

  • メンタリストDaigo監修の相性診断が多数ある
  • 年齢層はタップルとペアーズの間くらい
  • (圧倒的な主観ですが)かわいい子が多い

まず、一番の特徴は「メンタリストDaigo監修の相性診断が多数」ことです。
定期的に診断イベントがあり、診断上相性が良い人には、いいねが無料で一日10件できます。
正直、この相性診断によって気の合う人と出会えるかと言われると何ともいえませんが、ユニークで面白い機能だなと思いました。

次に年齢層ですが、ちょうどタップルとペアーズの間くらいで、20代中盤の人が多いかなと思います。
婚活まではいかないが、真面目に恋愛をしたいという人が多く、年齢的にも目的的にも自分にはマッチしてました。

あとは、超主観ですが、他のマッチングアプリと比べて、容姿の好みの人が多かったです。
withはマッチングアプリの中でも、ユーザーからの好感度がいいイメージがあるようで、それがユーザーの品質良化につながっているのではと感じました。

使ってみてわかったこと

結論としては、安全性や匿名性も高いレベルで担保されており、金銭的なコストパフォーマンスもよいため、抵抗がある人も是非やってみてほしいなと思っています。

また、その際にどのマッチングアプリがよいか?は記載した通りその人の目的や年齢によって異なりますが、

  • 婚活目的ならペアーズ
  • カジュアルに出会いたい若者であればタップル
  • カジュアルすぎず、重すぎない恋愛をしたい人はwith

こんな感じだと思います。個人的には「with」がおすすめです。

是非使ってみてください~