ダイエット中食べてても腹筋バキバキだった甘いもの5選

ダイエットが一定の期間続くと、最初は
「甘いものなんて今後食べなくていいや」と思えるものの
段々食事制限をすることがつらく感じてきます。

この先の人生甘いものは食べれないのか?となり
僕も過去に絶望的な気分になりました(笑)

ただ、安心してください。
ダイエット中でも甘いものは食べられます。

ポイントは2つあり、
・前提として食事とカロリーの関係を正確に知識として身に着けること
・その上で、低カロリーでおいしい甘いものを見つけて食べること

この2つです。

前者の前提の知識については、僕が3ヵ月で6キロ痩せた実体験をもとに、
以前超詳しく記事にしています。

例えば、
「1キロ痩せるのにどれくらいカロリー消費が必要なのか?」
「PFCバランスについて」

上記を聞いてピンとこない人は、まず以下の記事を読んでみてください。
僕が6キロ痩せた経験とそれに必要な前提知識について
めちゃくちゃ詳しく解説しています。

ダイエット中食べれる甘いものはどう選ぶ?

先ほど貼っている記事でも紹介している通り、
そもそも人は、1日の摂取カロリーが消費カロリーを上回ったときに増量します。
そのため、カロリー量を確認するのが一番早いです。


よくある罠としては、コンビニにある「低糖質!」みたいなスイーツには
低糖質である代わりに脂質が多く、総カロリーが大きいことが多いです。

あとは、プロテインバーは食べても大丈夫みたいな風潮がありますが、
200キロカロリーくらいあるものが多く、製品によってかなり異なりますので、
まずカロリー量を確認するのをクセづけましょう。

イメージとしては、1つのおやつで100キロカロリーくらいのやつは優秀です。

このあと紹介する甘いものは、低カロリーであることは前提として、
その中でもおいしいものや食べ応えのあるものを選んでます。

 

SUNAOのアイス-ダイエット中の甘いもの-

一つ目はSUNAOのアイスです。
これはマジで最強にうまいです。

SUNAOブランドサイト

気になるカロリーは、以下です。
・エネルギー120kcal
・たんぱく質2.3g
・脂質7.6g
・炭水化物21.0g(糖質9.6g、食物繊維11.4g)

圧倒的な食物繊維含有量です。
炭水化物は糖質と食物繊維からなるのですが、
実は食物繊維の方が1g当たりのカロリーが低いです。(1g=2キロカロリーほど)

※ちなみに、1日当たりに必要な食物繊維量は、20gほどのため、
 SUNAOで半分補えてしまいます。

からだに気を配りながら、100%食べることを楽しめる、
からだにやさしいおいしさを作りたい。という想いでこのブランドは作られており、
素材にこだわることでこの低糖質低カロリーを実現しています。

SUNAOから他にもクッキーなどが出てますが、
個人的にはアイスが一番おいしくて低カロリーです。

少し普通のアイスと比較して値が張りますが、
それ以上の幸福体験がダイエット中に得られますので、是非お試しください。

OIKOSヨーグルト–ダイエット中の甘いもの-

お次は、OIKOSのヨーグルトです。
こちらはなんと脂質0でタンパク質が10g摂れるという最強ヨーグルトです。

ダノン OIKOS

OIKOSのような、低脂質のヨーグルトってけっこうあるのですが、
味が別格です。本当においしいです。

気になるカロリー情報は、
・エネルギー92kcal
・たんぱく質10.1g
・脂質0g
・炭水化物12.3g

特徴としては、タンパク質の量が多いので、
運動した日には最適です。

また、ダイエットをしていると、食べ物が偏って少し便通が悪くなることがあるのですが、
ヨーグルトを食べることで解消されたりもします。(ここは個人差がありますが)

SOYのキャラメル味-ダイエット中の甘いもの-

次は、大塚食品のSOYという商品です。
キャラメルポップコーンのような味で、
個人的にはこの味がダイエット中に
食べれるのかと感動しました。

大塚食品

気になるカロリー情報は、

・エネルギー:85kcal 
・たんぱく質:5.1g 
・脂質:1.6g 
・炭水化物 12.6g

低脂質でかなりいい感じです。
かりっと揚げたような触感が特徴的ですが、ノンフライですのでご安心ください。

けっこう売られている店が限られているのですが、
ローソンは割とダイエット系のものの品ぞろえがよく、
売っていることが多いです。ネットの場合は以下から。

低糖質チョコプリン-ダイエット中の甘いもの-

4つ目は、低糖質のチョコレートプリンです。
このシリーズはいくつか味があるのですが、これが圧倒的にうまいです。

森永乳業

気になるカロリー情報は、

・エネルギー:84kcal 
・たんぱく質:1.3g 
・脂質:7.3g 
・炭水化物 5.6g(糖質:2.8g、食物繊維:2.8g)

よくあるチョコレート系の低カロリーのお菓子は、
正直チョコの味の甘さが弱かったり、味に違和感があったりしますが、
これはうまいです。

ダイエットに最適なプロテインバー

最後はみんな大好きプロテインバーです。
よく、人気のプロテインバーランキングがあると思うのですが、
あれって僕からすると微妙です。

というのも、ランキングって大体タンパク質量や値段を基準に、
いい悪いを決めているのですが、
ダイエット中の甘いものとしては、味とカロリー量が重要です。

その上で僕がよく食べてるのが、森永のグラノーラチョコアーモンドです。
これはバランスがかなりいいです。

森永商品情報サイト

気になるカロリー情報は、

・エネルギー:135kcal 
・たんぱく質:10.5g 
・脂質:5.3g 
・炭水化物 13.3g(糖質:9.1g、食物繊維:4.2g)

プロテインバーは大体カロリーが200キロカロリーくらいあるか、
低糖質系は味がおいしくないのですが、これはバランスがめちゃくちゃいいです。

是非お試しください。

甘いもの食べながらダイエットしよう!

いかがでしたでしょうか?
どれもおいしいので、是非一度食べてみてください。

ただ、改めてになりますが、
冒頭に申した通り、消費カロリーと摂取カロリーのバランスが大事です。

ですので、食べるタイミングは限定的にするのと、
もっといいのはその分運動で消費することです。

心身ともに健康的に、ダイエットしましょう!
それでは、ありがとうございました!