【映画「イエスタデイ」感想/レビュー】All You Need Is Loveですね

  • 10月 14, 2019
  • 10月 14, 2019
  • CINEMA
出典:映画.com

話題の「イエスタデイ」見てきました。


「もしビートルズを僕以外誰も知らなかったら」というifの世界を描いたストーリーです。
僕自身、ビートルズは有名な曲は知ってるくらいの知識なのですが、予告で見た時はめちゃくちゃワクワクしました。


この投稿では、イエスタデイが「こういう人におすすめです」ということと、感じたことを書き、結果としてこの映画を見て楽しむ人と、見たあとの楽しさを昇華できたらなと思ってます。

こういう人におすすめ


  • ビートルズが好きなひと(いわずもがな)
  • ただ、ビートルズ版「ボヘミアンラプソディー」「ロケットマン」ではない
  • コメディ好き
  • SFの設定にこだわりすぎない(そこが主題でないので)
  • ポジティブなメッセージングを求めているひと


一番注意したいのは、「ボヘミアンラプソディー」のようなテイストの映画ではないことです。


あとは「アバウト・タイム」のリチャード・カーティスの脚本なので、あの感じのラブコメ感や、メッセージが好きな方は刺さるかなと思います。

あとはビートルズの曲最高です。


この記事はネタバレになるような内容を含む感想・解説記事となっております。作品を未鑑賞の方はお気をつけください。


あらすじ



あらすじは以下になります。


イギリスの小さな海辺の町で暮らすシンガーソングライターのジャックは、幼なじみの親友エリーから献身的に支えられているものの全く売れず、音楽で有名になる夢を諦めかけていた。そんなある日、世界規模の瞬間的な停電が発生し、ジャックは交通事故で昏睡状態に陥ってしまう。目を覚ますとそこは、史上最も有名なはずのバンド「ザ・ビートルズ」が存在しない世界になっていた。彼らの名曲を覚えているのは世界でただひとり、ジャックだけで……。

出典:映画.com


事故のあと、友人宅に向かった主人公ジャックは、退院祝いに新しいギターをもらいます。
少しふざけたギャグのあとのこのプレゼントに少し恥ずかしながらも感動するジャックは、その場でビートルズの「イエスタデイ」を演奏します。
既に「ビートルズが存在しない世界」になっているエリー達は、イエスタデイに感動し、ジャックがこの世界を実感することになります。

それにしても、このイエスタデイは痺れました。主演の「ヒメーシュ・パテル」歌がうますぎる。

その後、Googleでビートルズを検索しても、カブトムシの画像しかでてこないコミカルな演出で、この世界観が浸透していきます。

誰が歌うか


ここの解釈については、正直色々あると思いますが、感じたことを。

序盤、ビートルズの名曲を歌うジャックでしたが、両親の心には届かず、小さな会場や飲み屋でも、それを「ジャックが歌っているから」という雑音にかき消され、ミュージシャンとして上手くいかない日々が続きます。

曲があのビートルズの「Yesteday」でも「Let It Be」でも、「誰が歌うか」で決まってしまう、そんな悲壮が漂いました。

しかし、見てくれる人はいました。
最初にCDをつくってくれた彼も(名前忘れてしまった)、エドシーランも、デブラも、「誰」ではなく「曲」に魅力を感じ、ジャックをスターの道に導きます。

誰が歌うかでなく、そのものにのすばらしさと少しのきっかけがあれば、成功するということを肯定してくれたように感じます。

現代のマーケティングについて


もう一個テーマだと思ったのは、マーケティングについてです。
インターネットやSNS、ストリーミングサービスなどが普及し、コンテンツやサービスは増え続け、消費者もSNSなど色んなものを見て、購買行動をとるようになりました。

それにより、モノを売ることは難しくなり、現代ではマーケティングというものが重要視されるようになってきています。


ただし、それが行き過ぎて、「Hey Jude」の曲名が変わってしまっていたり、本人のアルバム名がマーケティング責任者によって捻じ曲げられるなど、大切なものを消してしまっているというのが、この作品のメッセージだと思います。


「最高マーケティング戦略会議」みたいな言葉が出てきて、「それって正式名称?」みたいなツッコミがあるなど、この行き過ぎたマーケティングへのアンチテーゼは感じました。


僕自身マーケティング系の仕事についているので、それ自体の重要性は理解しておりますが、大切にしなければいけない確かなものがあるというのは、強く感じました。

All You Need Is Love


ここはちょっと「アバウトタイム」に似ているなと思いましたが、この映画の主題は「幸せについて」だと思います。



そしてその答えは愛、「All You Need Is Love」です。

作中、何度もヒロインである「エリー」に愛を伝える機会を逃してしまってたジャックでしたが、物語の終盤で、ジョン・レノンに出会い、自分にとって何が最も大事で、幸せか、を自覚します。

作中でのジョン・レノンは、栄光や名声を手にしておりませんが、自分の人生を幸せと誇りをもって語ってました。
彼が言った幸せになるために必要なこと、「愛する人に愛すると伝えること」「愛する人に嘘をつかないこと」はパンチラインですね。


そうして自分にとっての幸せを選んだジャックが、エピローグで歌った「Ob-La-Di, Ob-La-Da」は本当に最高でした。

おわりに


僕はビートルズにそこまで詳しくないですが、ファンにはわかる小ネタみたいなのが散らばっているのはわかりましたし、そこも面白さに入ってくると思います。

彼女もいませんし、仲のいい幼馴染もいませんが、「最愛の人」を見つけようと駆り立てられました笑


映画 「イエスタデイ」、ストレートなメッセージとビートルズの曲でHAPPYになれる素敵な作品でした。