夜型から早起き転換で人生変わったのでメリットと方法を紹介

元々自分は典型的な夜型人間でした。

日中は仕事に追われ、仕事を終えるのは夜の22時前後。
そこから寝る準備を済ませると、23時半過ぎで、その後自由時間で、
スマホをいじったりしていると、深夜の1-2時になり、少し寝付けない時間が続き、
結局2時半ごろに就寝し、9時半に起きるような生活でした。(仕事はギリギリ間に合ってました)

26歳の誕生日に新規一転し、早起きするための方法を調べ実践したところ、

・毎日運動習慣ができ、3ヵ月で6キロ痩せた
・副業の時間が取れるようになった
・仕事の成果があがった
・英語学習の時間が取れるようになった
・自炊をするようになった
・人と会う機会も増えた

こんな感じの変化があり、人生変わったなと思っています。

・今の生活になんとなく危機感を感じている人

・副業をしたいが時間が取れない人

・ダイエットしたい人


・仕事で成果を上げたい人


・健康になりたい人


・自己肯定感を高めたい人
上記に当てはまる人はぜひ、試してみてほしいです。
それくらい、僕は人生が変わりました。

早起きのメリットは?どう人生変わったか

まずは、先ほど一部記載した、メリットについて深堀って記載していきたいと思います。

早起きで運動習慣ができた

僕は早起きをしてできた朝の時間で毎朝運動をしています。
運動習慣をつくったことで、食事にも意識が行くようになり、
約3か月間で、健康的に6キロのダイエットに成功しました。

身体が変わると、毎日鏡を見るのが楽しくなりますし、
運動習慣をつくることで、自己肯定感が強くなるのは間違いないです。
現在は毎朝ジムにいって1時間ほど筋トレしています。

この、僕が-6キロした際に学んだダイエットに関する知識
具体的な食事内容運動メニューは過去に記事にしているので、
是非読んでみてください。

早起きで副業や自己投資の時間ができた

副業や例えば読書したり、英語を勉強したりなど、いつかやろうと思っていても、
中々時間がなくスタートできていないひとは

多いのではないでしょうか?

僕もその一人で、やりたいと意気込んでも、
仕事から帰ってきてはへとへとで、とても何かプラスのことをする気になれず、
朝もギリギリに起きるので、仕事以外のことをやる余裕が全くありませんでした。

ただ、朝に時間をとると、劇的に変わります。
誰かから連絡がきて飲みに誘われたり、仕事の依頼が入るなどまずありません。
かつ、朝はもっとも集中力がある時間帯と言われているので、能率的に取り組めます。

今では、朝5時30分~8時30分くらいまでの時間を
基本的には副業や自己投資に充てることができています。

自己肯定感にもつながりますので、非常におすすめです。

早起きで人に会う機会が増えた

これは早起きしている時間に人にあっているというわけではなく、
早起きしてその日にやるべきことができていると、
夜の時間は人に会ったりする時間に使おうとなります。

これは個々人でもちろん差異はあると思いますが、
夕方くらいから作業の集中力が落ちていき、
18時以降って集中できない時間がつづくことは多いのではないでしょうか?

なるべく生きている時間を良く使いたいので、
早起きして集中力の高い時間に、
仕事や副業など自分のやりたいことを実現し、
夜は人と会う時間に使う

これがとても有意義だと感じています。

人生を変える早起きの方法は?

ここまでで、早起きによるメリットをいくつか紹介させていただきました。
次に、その方法をお伝えさせていただきます。

 

とにかく早く寝ること

そんな当たり前のことかよという声もあるかもしれませんが、
夜型であった僕が早起き転換できた中で一番有効だったのは、早く寝ることです。
ただ、早く寝るための方法もありますので、そちらももちろん紹介します。

お風呂につかること

人は、体温が上昇し、落ちた時に眠気がきます。
先ほど、早く寝ることと書きましたが、習慣がないと
眠気が来ないので寝る気になりません。

そのために、お風呂につかることで体温を上げ、その後眠気が来やすい環境を自分でつくります。
あとは、単純に疲労回復にもいいので、入浴剤やバスソルトなど入れると一石二鳥です。

僕はエプソムソルトというやつを毎日入れてます。
おすすめです。

22時以降は読書をする

これも身体の仕組みを考えて、眠気を来やすくする方法です。
パソコンやスマホのブルーライトは、眠気を飛ばしてしまうと言われています。

ですので、寝る前は見ない習慣をつくると、自然と眠くなります。
僕は、22時以降に読書の時間をつくることで、ブルーライトを浴びないようにしています。

読書はキンドルでするのがおすすめです。お風呂でも読めるので。

いいマットレスを使う

これはめちゃくちゃ優先順位が高いわけではありません。
ただ、いいマットレスを使うと、眠るまでのスピードが速いのと、睡眠の質は高くなります。

ただ、上記は主観的な部分が大きいのと、
金額もわりとするので、マストではありません。

僕はコアラマットレスというのを使っており、値段は張りますが、非常に寝やすいのと、

もし合わなかった場合にトライアル期間は返品できるので、
一度試してみるといいかもしれません。

一番大事なのは、朝やりたいことをつくること

最後に、一番大事なのは、朝やりたいことをつくることです。
色々な所でもいわれておりますが、これは本当にそうだと実感します。

朝起きてジムで筋トレがしたい、副業で成功したい、英語の勉強をしたい、
そういう気持ちがあると、ワクワクして目を覚まします。

ちなみに僕は、毎朝飲んでいるプロテインスムージーがうますぎて、
それが楽しみで最初は目覚めてました(笑)

まず自分の中に強いモチベーションをつくり、
それをきっかけに習慣化させるのが、早起きのコツかなと思います。

 

早起きはメリットあるし方法で実現できる

大げさな表現でなく、僕は早起き習慣ができたことで人生が変わりました。

毎日朝5時に起き、
毎日筋トレや運動をし、ストレスを解消しいい身体をつくり
毎日自炊をして、健康をコントロールし
毎日副業として自己発信し、自己肯定感を得、
毎日学習して成長実感を得、
好きな人にあって楽しく人生過ごしてます。

心からそう思っているからこそ、
自分がこれまでできていなかったからこそ、
読んでいただいた方に実現していい人生を作ってほしいとおもっいます。


お読みいただき、ありがとうございました。